無人航空機(通称:ドローン)

  空の産業革命とも言われている無人航空機(通称:ドローン)。また、UAV(Unmanned Air Vehicle)や、UAS(Unmanned Aircraft Systems)とも呼ばれています。フランスのParrot社が2010年に発売したAR.Droneをきっかけに市場に広がりました。

  日本では2015年の官邸へのドローン落下事故を契機に、2015年12月10日に航空法が改正され、無人航空機を飛行させる際の飛行ルールが施行されています。

  ドローンは災害の救助支援、インフラ点検、物流サービス、農薬散布等のあらゆる分野で今後さらなる活用が期待されており、当社ではお客様のご要望にお応え出来るドローン事業のサービス展開を行って参ります。

○ ドローン・スクールの運営
○ 災害・研究調査撮影
○ WEBサイト・印刷物用の撮影
○ 眺望撮影
○ 屋根・壁面の点検・簡易調査
○ 観光PR撮影

エムズワークスでは現在(2018年11月1日)3名のJUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)認定操縦士が在席しています。

また、当社では2018年11月にJUIDAよりスクール校開設の承認を得て、ドローン操縦士を育成するための「M’s Works ドローン・スクール」を開校しています。

地域貢献

  エムズワークスでは地方自治体より要請を受けて、地域の子供たちにドローンの楽しさと危険性を教えています。

  子供たちが使うドローンは『Ryze Techenorogy社』が発売しているトイ・ドローンの『TELLO』です。このドローンは機体重量が80gと軽くプロペラガードが装着されているため、子供たちが遊びで使用する時でも危険性の少ないトイ・ドローンとなっています。また、航空法の対象外のため国土交通省(地方航空局長)への飛行申請が不要です。

  このトイ・ドローンはScratch言語に対応しているため、子供たちが楽しみながらゲーム感覚で遊びを交えながらプログラミングを勉強することができるようになっています。

  Scratch言語とは、子供たちが簡単にプログラミング言語を学習できるように開発された言語で、WEB上で直感的に操作でき親しみやすい作りになっています。

  教育現場ではプログラミング教育の必修化が検討されてきましたが、文部科学省より2020年度からの小学校プログラミング教育の必修化となることが決定しています。

  エムズワークスでは小中学生を対象とした、ドローン教室やプログラミング(Scratch言語)を学習するための場を提供して参ります。

許可及び承認

エムズワークスは国土交通省 大阪航空局長より、日本全国での飛行における許可及び承認を得ていますので、柔軟にお客様のご要望にお応えすることが可能です。

許可及び承認事項
: 航空法第132条第2号、航空法第132条の2第1号、第2号及び第3号
飛行の許可   
: 人又は家屋の密集している地域の上空
飛行の方法   
: 夜間、目視外飛行、人又は物件から30m以上の距離が確保できない飛行
飛行の経路   
: 日本全国
期 間     
: 2018年10月22日 ~ 2019年10月21日

  • ※ 飛行場所、条件によっては個別申請が必要な場合があります。
      詳細についてはこちらのお問合せフォームよりご連絡下さい。
  • ※ 電話でのお問合せは受け付けておりません。お問い合わせフォームをご利用下さい。
  • ※ お問合せの際は、撮影場所の住所・撮影希望日(予備日を含む)・撮影内容等、可能な限りの条件をお知らせください。

使用機種

メーカー
: DJI
機種
: Phantom4 pro v2
カメラ
: 4K対応
保険
: 賠償責任保険(対人/対物)

メーカー
: DJI
機種
: Mavic pro
カメラ
: 4K対応
保険
: 賠償責任保険(対人/対物)

  • ※ キャンセル料金は撮影初日の14日前に請求金額30%、
      7日前に50%、それ以降には100%の料金を頂戴します。

安全への取組み

  当社では2008年に建設業の許可を取得して以来、社員の安全意識の高さから10年に渡り数々の施工現場を無事故で施工して参りました。

  これらの実績は、社内教育及び法令・マニュアルの遵守を徹底したことによる結果だと考えております。当社では国際標準化機構が定めているISO27001及びISO9001の認証を日本品質保証機構(JQA)より取得し、2018年3月には2つの規格を統合する統合マネジメントシステムへの移行を完了いたしました。

  ドローン事業においてもこれらの経験を活かし無事故・無災害で運営して参ります。また、機体の点検はメーカーが推奨している使用頻度ごとに依頼することにより、安全な運用を行えるよう維持しています。

  当社が業務で使用する機体は飛行中の障害物を自動的に回避する機能や、送信機からの電波が途切れた場合でも自動的に帰還する機体を使用しています。また、当社のJUIDA認定パイロットは業務以外にも飛行訓練を実施し、独自のチェックリストを使用した飛行前後の「機器メンテナンスを徹底」しています。

料金表1(基本)

ベーシックプラン ¥150,000(税別)
  • 拘束時間3時間(当日打合せを含む)
  • 使用機種「Phantom4 Pro V2」or「Mavic 2 Pro」
  • フライト数3(15分×3本)
  • 事前のお打ち合わせ1回(当社で実施)
  • 操縦者1名、安全運航管理者1名
  • データ納品(加工なし)
  • 飛行に関する包括申請 ※ただし飛行可能地域に限ります。
  • 保険料を含みます
スタンダードプラン ¥300,000(税別)
  • 拘束時間6時間(当日打合せを含む)
  • 使用機種:「Phantom4 Pro V2」or「Mavic 2 Pro」
  • フライト数6(15分×6本)
  • 事前のお打ち合わせ2回(当社より車で60分圏内)
  • 操縦者:1名、安全運航管理者:1名
  • データ納品(加工なし)
  • 飛行に関する包括申請 ※ただし飛行可能地域に限ります。
  • 保険料を含みます

料金表2(オプション)

オプション(個別)プラン ※料金は別途ご相談
  • 追加フライト ¥10,000/1フライト 15分
  • 「Phantom4 Pro V2」or「Mavic 2 Pro」の2機で撮影します。
  • 警察、地方自治体等への届出代行
  • 映像編集
  • セミナー運営
  • 操縦士・安全運航管理責任者の増員
  • その他個別のご要望
● ご注意事項 ●
  • 夜間及び目視外、人または物件と30m未満による飛行では安全運航管理責任者以外に監視補助員の配置が別途必要になります。
  • 新大阪本社から30Km圏内の移動費は含まれております。
  • 移動距離が車で ~ 60kmの現場は別途¥10,000の移動費が必要です。
  • 移動距離が車で60kmを超える場合の交通費は実費請求させていただきます。
  • 100kmを超える遠方の場合、旅費・宿泊費が別途発生いたします。
  • 撮影当日、天候不良により撮影が難しい場合は別途ご相談させていただきます。(撮影初日の3日前から事前にご相談いたします。)また、ドローンの飛行に困難な気象条件の場合(雨、風速5m/s以上、雪、雷、濃霧、低高温)の撮影は中止させていただきます。
  • 電波環境が不良(高圧線の周辺、電波塔の周辺、GPS通信不良等)な場所は中止させていただきます。
  • お客様の都合によらならい当日のキャンセル料等については、事前に取り決めさせていただきます。
お仕事のご依頼やお問合せはこちらのフォームをご利用下さい。