M’s Works
ドローン・スクールでは

当認定校では、飛行に関する法律、ルールや飛行原理、機体の構造及び操縦技能のほか、
運航管理者としての安全ガイドライン、知識の習得を目的としています。

M’s Works ドローン・スクールでは、ドローン業界の一翼を担っていく人材の育成に取り組んでいます。また、事業目的の1つである社会教育の推進を図る活動の一環として、小中学生を対象としたドローン体験教室を開き、地域の皆様と共に社会や地域の活性化に貢献しております。

当ドローン・スクールでは、法律で規制のある200g以上のドローンだけではなく、200g以下のトイ・ドローンも同様に「操縦する」「法律を遵守する」といったドローン飛行に共通して必要となる基本的な操縦方法やルールを学んでいただくことが出来ます。

M’s Works ドローン・スクールでは、受講生の皆様に文章だけではなく、絵や動画を使用して分かりやすく理解して頂けるよう心掛けております。

JUIDA認定校とは

JUIDAはドローン業界では日本初となる「ドローン操縦士」及び「安全運航管理者養成」スクールの認定制度を
2015年10月に開始。
当校は、JUIDA団体より審査を経て2018年11月に認定校としてスクールを開校致しました。

認定校ではドローン産業の発展、運航上の「安全知識」と「操縦技能」を有する人材を育成しています。
M’s Works ドローン・スクールでは「正しい知識」と「確かな技術」を持ったパイロットの育成に取り組んでいます。

今後のドローン市場

日本国内において、2015年ドローンビジネスの規模は175憶円に対し、翌年の2016年は倍の353憶円にまで成長。更に2017年に535憶円まで拡大しており、2022年には2200憶円にまで達する見込みと言われています。しかし、一方でドローン墜落事故が後を絶たずドローンに対する危険性について多数メディアで取り上げられているのが現状です。こうした中、ドローンの産業を活発化させるためには適切な制度を設けて「安全・安心」な環境を作ることが求められます。

資格制度の整理や法規制などはもちろんのこと、それらを含めた「知識や技術」を伝えるドローンスクールの役割がより重要になっています。

認定資格のメリット

現在(2020年3月)ではまだ、ドローンを飛行させる為の「免許」や「資格」を取得する義務はありませんが、ドローンを飛行させるためには正しい知識とモラルを持つ必要があります。

重要なのは、『ドローンの飛行技術や規制、安全基準を知ること』また、『法令を遵守すること』 だけでなく、『過去に何があったのか』、『なぜその基準が生まれたのか』という知識を学ぶことも必要です。

M’s Works ドローン・スクールの修了証を取得いただければ、JUIDA認定証明証が取得できます。(試験合格者が対象)

証明証は国土交通省に対し、飛行の「許可」及び「承認」の申請時(DIPS:ドローン情報基盤システム)、審査要領で求められている実機での飛行経験が「10時間以上」の実績証明として活用ができ、初回申請時に基本事項の登録すると2回目以降の飛行申請作成より登録が不要となり作成がスムーズに行えます。

※ DIPS: https://www.dips.mlit.go.jp/portal/

人材開発支援助成金制度

当スクールの受講時に厚生労働省の人材開発支援助成金の活用も可能です。
各都道府県労働局およびハローワークへ詳細のお問い合わせをお願いいたします。

総合コース
(操縦技能コース+安全運航管理者コース)
受講条件
  • 20歳以上の方。
  • 視力は片目0.3以上、両眼で0.7以上必要です(矯正可)。
  • 赤色、⻘色、緑色の識別が可能なこと。
  • 日本語での日常会話及び読み書き、 コミュニケーションが可能なこと。
受講料

230,000円(税別)

座学試験料・テキスト代・練習機使用料・ 実技試験料・保険代

※JUIDAへの無人航空機操縦技能証明証・無人航空機安全運航管理者証明証の申請費用は含まれません。

※昼食はご用意致します。食物アレルギーをお持ちの方はお弁当・お飲み物をご持参ください。

受講期間

3日間

1日目 9:00~17:00
操縦技能【座学】
操縦技能修了試験【座学】

2日目 9:00~17:00
安全運航管理【座学】
安全運航管理者修了試験
操縦技能【実技】

3日目 9:00~17:00
操縦技能【実技】
操縦技能修了試験 【実技】

カリキュラム
無人航空機操縦技能【座学・実技】

UAS概論 : 歴史 飛行原理 運用事例 課題 など
法律・ルール : 航空法はじめ各種法律と安全ガイドライン
自然科学 : 気象・電波 など
技術 : 機体の構造・制御技術・GPS・通信
運用 : 点検 整備 安全対策
屋内実技 : 点検 整備 手動操縦
屋外実技 : 点検 整備 手動操縦 自動航行
※天候により屋内への実習に変更の可能性有

安全運航管理者【座学】

安全の定義 : 機体の安全・操縦の安全・運用体制の安全
航空の安全3原則 : 航空方法について
リスクレベル : 航空法における安全の考え方
安全管理者とは : 安全管理者の責務
リスクに対する把握・知識 : 安全管理の手法

会場

大阪府豊能郡の施設をご用意しております。
能勢電鉄 山下駅など、スクール最寄駅まで送迎有
※施設は変更する場合があります。

ご準備いただくもの
  • 体育館シューズ(屋内用シューズ) ※屋外用と兼用はできません。
  • 動きやすい服装 ※天候により雨具、防寒具等をご用意下さい。
  • 筆記用具
  • 飲み物(ペットボトルや蓋の閉まる容器(容器が倒れても中身がこぼれない構造)であればご持参頂いて構いません。蓋の閉まらない容器をご持参された場合、講座場所への持ち込みはご遠慮いただきます。
総合コース期間限定・宿泊プラン
  • 当スクールの「総合コース」は連続3日間のカリキュラムとなります。
    3日間の受講期間中の2日目に温泉宿に宿泊して頂くプランをご用意いたしました。
    受講生の皆様により楽しんで頂く為の【期間限定プラン】でございます。
    さらに、【トイドローン・Tello】をお1人様に1台プレゼント致します。

※ 宿泊施設の空き状況によりご希望に沿えない場合があります。
※【Tello】について
  専用コントローラー(別売り)は付属されておりません。
  お手持ちのスマホが対応しているか、Tello公式サイトをご確認ください。
  対応デバイスios9.0以降 / Android 4.0以降(Androidタブレットは不可)
※【Tello】の入荷状況により、Telloと同等のトイドローンへの変更の可能性があります。

ご留意事項
  • お問い合せは「お問い合わせフォーム」をご利用下さい。
  • 受講者゙所有するドローンを当講座に持ち込み、使用はご遠慮いただいております。
  • 昼食はご用意致します。食物アレルギーをお持ちの方はお弁当・お飲み物をご持参ください。
  • 受講希望者からの申込内容を当社が審査した結果、ご希望に沿えない場合がありますが審査内容は非開示となります。
  • 講座場所まで自家用車、バイク等をご利用いただけます。当社より後日案内します本申込時に、ナンバープレートの番号をお知らせください。
補足
  • 受講は3日間を通して座学9時間 実技10時間を実施します。
  • 操縦技能講習の中で屋内での目視外飛行・夜間飛行・物件落下を行います。
  • 練習機は一人一台を用意 Phantom4 PRO
操縦技能コース
受講条件
  • 18歳以上の方。未成年の方は親権者の同意が必要です。
    ダウンロードして下さい。
  • 視力は片目0.3以上、両眼で0.7以上必要です。(矯正可)
  • 赤色、⻘色、緑色の識別が可能なこと。
  • 日本語での日常会話及び読み書き、 コミュニケーションが可能なこと。
受講料

200,000円(税別)

座学試験料・テキスト代・練習機使用料・ 実技試験料・保険代

※無人航空機操縦技能証明証の申請費用は含まれません。

※昼食はご用意致します。食物アレルギーをお持ちの方はお弁当・お飲み物をご持参ください。

受講期間

2日間

1日目 13:00~17:00
操縦技能【実技】

2日目 9:00~17:00
操縦技能【実技】
操縦技能修了試験【実技】

カリキュラム
無人航空機操縦技能【座学・実技】

UAS概論 : 歴史 飛行原理 運用事例 課題 など
法律・ルール : 航空法はじめ各種法律と安全ガイドライン
自然科学 : 気象・電波 など
技術 : 機体の構造・制御技術・GPS・通信
運用 : 点検 整備 安全対策
屋内実技 : 点検 整備 手動操縦
屋外実技 : 点検 整備 手動操縦 自動航行
※天候により屋内への実習に変更の可能性有

会場
大阪府豊能郡の施設をご用意しております。
能勢電鉄 山下駅など、スクール最寄駅まで送迎有
※施設は変更する場合があります。

ご準備いただくもの
  • 体育館シューズ(屋内用シューズ) ※屋外用と兼用はできません。
  • 動きやすい服装 ※天候により雨具、防寒具等をご用意下さい。
  • 筆記用具
  • 飲み物(ペットボトルや蓋の閉まる容器(容器が倒れても中身がこぼれない構造)であればご持参頂いて構いません。蓋の閉まらない容器をご持参された場合、講座場所への持ち込みはご遠慮いただきます。
ご留意事項
  • お問い合せは「お問い合わせフォーム」をご利用下さい。
  • 受講者゙所有するドローンを当講座に持ち込み、使用はご遠慮いただいております。
  • 昼食はご用意致します。食物アレルギーをお持ちの方はお弁当・お飲み物をご持参ください。
  • 受講希望者からの申込内容を当社が審査した結果、ご希望に沿えない場合がありますが審査内容は非開示となります。
  • 講座場所まで自家用車、バイク等をご利用いただけます。当社より後日案内します本申込時に、ナンバープレートの番号をお知らせください。
補足
  • 受講は2日間を通して座学9時間 実技10時間を実施します。
  • 操縦技能講習の中で屋内での目視外飛行・夜間飛行・物件落下を行います。
  • 練習機は一人一台を用意 Phantom4 PRO
安全運航管理責任者コース
受講条件
  • 20歳以上の方。
  • 視力は片目0.3以上、両眼で0.7以上必要です。(矯正可)
  • 赤色、⻘色、緑色の識別が可能なこと。
  • 日本語での日常会話及び読み書き、 コミュニケーションが可能なこと。
  • 無人航空機操縦技能証明証をお持ちの方のみ。
受講料

30,000円(税別)

座学試験料・テキスト代

※無人航空機の安全運航管理者証明証の申請費用は含まれません。

受講期間

半日間

1日目 9:00~12:00
安全運航管理【座学】
安全運航管理者修了試験【座学】

カリキュラム
安全運航管理【座学】

安全の定義 : 機体の安全・操縦の安全・運用体制の安全
航空の安全3原則 : 航空方法について
リスクレベル : 航空法における安全の考え方
安全管理者とは : 安全管理者の責務
リスクに対する把握・知識 : 安全管理の手法

会場

大阪府豊能郡の施設をご用意しております。
能勢電鉄 山下駅など、スクール最寄駅まで送迎有
※施設は変更する場合があります。

ご準備いただくもの
  • 筆記用具
  • 飲み物(ペットボトルや蓋の閉まる容器(容器が倒れても中身がこぼれない構造)であればご持参頂いて構いません。蓋の閉まらない容器をご持参された場合、講座場所への持ち込みはご遠慮いただきます。
ご留意事項
  • お問い合せは「お問い合わせフォーム」をご利用下さい。
  • このコースは座学のみです。操縦技能講習は御座いません。
  • 受講希望者からの申込内容を当社が審査した結果、ご希望に沿えない場合がありますが審査内容は非開示となります。
  • 講座場所まで自家用車、バイク等をご利用いただけます。当社より後日案内します本申込時に、ナンバープレートの番号をお知らせください。
スクール申し込みから
ライセンス申請までの
フロー

 

JUIDA
無人航空機操縦技能証明証

無人航空機を安全に飛行させるための知識と操縦技能を有する者

JUIDA
安全運航管理者証明証

無人航空機の運航に関わる十分な安全と法律の知識を有し
飛行業務の安全を管理する者

1.当校のスクール修了書を交付後、JUIDAへ「入会」と「証明証」の申請を各個人様にて3ヶ月以内に行ってください。
2.JUIDAへの入会・各証明証申請には別途費用がかかります。

入会金5,000円/年会費5,000円【準会員の場合】
入会金50,000円/年会費10,000円【正会員の場合】

JUIDA 入会のご案内ページ http://uas-japan.org/joinus/

無人航空機操縦技能証明証申請費 20,000円(税別)
無人航空機安全運航管理者証明証申請費 15,000円(税別)

証明証申請ページ http://uas-japan.org/contact_license/

スケジュールカレンダー

コースの予約・お問い合わせ

お問い合わせ

M’sWorksドローンスクール大阪校
TEL 06-6885-1822
FAX 06-6885-1865

メールフォームからのコースの予約・お問い合わせ

種別を選択して下さい
受講希望日 必須
年 月 
※上記カレンダーにて開講日をご確認ください。
会社名・団体名

※上記で「法人・団体」を選択された場合のみ記入
受講者氏名 必須
ふりがな 必須
生年月日 必須
年 月 
※コースごとに年齢制限がございますのでご注意ください。
メールアドレス 必須
郵便番号 必須
 記入例)530-0016
住所 必須
電話番号 必須
コース選択 必須
送迎の有無
昼食のご用意

※アレルギー食には対応しておりません。
お支払方法
請求書の発行
請求書の宛名

※請求書が必要な方のみ記入
書類添付

※技能操縦コースをご希望で、20歳未満の方は、保護者の同意書を添付してください。
対応ファイル:xls、xlsx、doc、docx、txt、jpg
お問い合わせ内容
内容確認 必須
「申込手順」・「個人情報保護方針」・「受講規約」を確認しました。
   確認はこちら